FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

移転のお知らせ

活動拠点を移転致しました。これからも何卒宜しくお願い致します。
http://ftvoid.com

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | |

2010.03.17 (Wed)

卒業式までもうすぐ

おはようございます!
今日は珍しく午前中のブログの書き込みです^^

今日でもう水曜日になりました。
そして、今週の金曜日は私の卒業式です。
残すところあと2日になってしまいました・・・

今考えると、あっという間の4年間でした。
むしろ、高校時代よりも短く感じるような気がします。

大学の講義は、どれも面白いものだったと感じています。
また、大学時代の半ばから後半にかけては、休む間もなくサークル活動に徹していました。



◆学業についてのこと◆

私の通う大学は、情報系の大学ということもあって、1年次からコンピュータや数学に関する講義が数多く存在していました。
私が大学に入ってくるまでは、あまりコンピュータのことは知らず、コンピュータに疎い生活をしていました。
まして、プログラミングなどはまったくやったことが無い状態でした。
ですが、将来は「絶対にコンピュータ関係の職に就きたい!」という、強い憧れがあって、情報系の大学に進学しました。

そんなこともあって、コンピュータの講義に本格的に触れられるのは、まさに夢のようでした。
だからこそ、学校の講義はすべて真剣に受け、それを生かせるような活動もこの学生時代にやっておきたいと思い、ただ直向にやり続けました。
その思いから始めたのが、学内サークルでのロボット製作活動や、ネット上で個人的に始めたゲーム制作でした。

更に年度が上がっていくごとに専門的な科目も受けられるようになり、毎回の講義内容がとても興味深いものになりました。

そのような専門科目のほかにも、教養科目と呼ばれるものがあり、こちらも内容は非常に多岐にわたり、とても面白い内容のものが多かったです。
特に、単なる座学だけではなく実際に学外に出歩いて調査を行ったり、あるいは外部の企業の方をゲストに招いて公開型授業を行うといった、生涯の糧になりそうな話も数多く聞くことが出来、私としてはどんなに聞いても聞きすぎることは無いと感じさせる内容でした。

そのようなこともあって、教養科目は私の中では一番好きな科目だったと思っています。
そして、これからも生涯を通じてこのような勉強をしていきたいと思っています。



◆サークル活動についてのこと◆

私はものづくりが好きで、ロボット製作系のサークルに入りました。
私の通う大学は、元々情報系の大学であったこともあって、特に何か物を作ったりすることに関しては、比較的疎い部分がありました。
また、ひとつの物を作るのには、多大なる費用と労力が必要です。

しかし、学生達が自ら結成したサークルでもあり、そのやる気をサポートしたいという教授の思いも相まって、有意義な活動を行うことが出来ました。

サークルの当初からの目標は、
「学外大会に出場し、好成績を収めることの出来る組織を構成すること」

サークル自体は、新設当初に入ったこともあり、20~30人近い部員がいました。
しかし、途中から次々と抜けていく部員が出て、最終的には10人以下になってしまいました。
それだけに、トップを目指す道というものは甘いものではなかった訳です・・・・・

各メンバーがアイデアを出し合い、そして試行錯誤する日々が続きました。
特に、大会直前は不眠不休の日々が続いたりさえしました。

そんなことをした甲斐もあって、サークル設立当初の目標を達成することが出来、結果として大学側や外部のマスコミ等からも評価されるようになったのは事実です。

しかし、そんな嬉しい事だけがあったという訳ではなく、実はここには書き記せないような辛い出来事が数多くあったこともまた事実です。
サークルの活動自体がどんどん過酷化し、毎日の活動が義務化していき、その活動方針自体に誰もが不満を持つようになり、最終的に完全崩壊寸前まで追い込まれた事がありました。

そのような状態の中、もう一度活動方針を見直し、部員一人ひとりを重んじた活動をしていくことを目標に掲げ、活動を再開するようになりました。
特に、新入部員の教育に重きを置いた活動を行うことによって、サークル自体の建て直しを図っていきました。
そして、現在に至っています。


このサークルで学べたことは、単に大会で好成績を収めることの出来る高い技術力を身につけられたことではなく、グループワーキングの難しさを理解できたことではないかと考えています。
そして、それを知るためには、ワイワイと楽しくやっていくだけではなく、意見の食い違いによる喧嘩も必要だということ。

そんな体験こそが努力によって得られる貴重な宝物と、私なりに解釈しています。




・・・・・以上、色々なことを書き過ぎてしまった感がありますが、それでもまだまだ物足りないという感じです。
残された大学生時代もわずかになりましたが、今一度これまでの自分自身の行動を反省し、大学院生活に向けた次のステップにつなげていけたらと考えています。

08:50 | 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0)

コメント

お久しぶりです。
私も情報系の大学を卒業しました。
同じく、大学4年間は高校の3年間よりも早く感じました。

ここのブログ、ちらちら読んでましたが、
自分と同じ大学なんじゃないかなとか思うときがあります^^;

もっちさんへ

こんばんは。
こちらこそお久しぶりです^^
ご無沙汰しておりました。

大学生になると、時間があるようで実は意外と時間が無いものだなあ~と感じています。
でも、それは、それだけ大人になったからという証拠なのかもしれませんね(^^;

私の大学については言及出来ないですが、同じ情報系の大学を歩んだ方からのコメントをいただけて大変嬉しいです^^
私も、将来は情報系の分野で活躍できるよう、努めたいと思います!!















非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。