FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

移転のお知らせ

活動拠点を移転致しました。これからも何卒宜しくお願い致します。
http://ftvoid.com

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | |

2009.06.27 (Sat)

教育についてあれこれ

今週ももう終わっちゃいますね・・・ 時の流れは早いです。
学校生活のほうは、ようやく一段落したという感じです。

そんな中で、ちょっと残念な事実を耳にしました・・・・・

それは、ある一人の中学生の悩みについて。
高校受験のために、塾に通う中学生。しかし、塾長と性格が合わないらしく、いつも塾で攻められたり、家庭に苦情の電話がかかってくるらしいとの事。

そんな話を、その子の母親から聞いていました。

これからは塾に通うのをやめて、家庭教師に切り替えるとの事。そこで、家庭教師が出来る学生を探してほしいと頼まれました。家庭教師のアルバイトをやりたいと思う人はいるとしても、ちゃんとやってくれる人はいるんだろうかとちょっと不安になりながら、周囲の知り合いの学生に尋ねています。

別の家庭教師を子供にとらせたことのある親曰く、教師と生徒が一緒に遊んで、本来やるべきことをほったらかしにしていたという・・・ しかも、それでいながら、教師は生徒からお金を通常通りにもらっていたとか! もう、何がなんだか分からないですね^^

ここまで日本の教育機関のやり方がなっていないのかと、怒りが心のそこから込みあがっていました。少なくとも、普通の企業じゃクビですよ・・・? となると、もう完全に教育機関は詐欺でお金を儲けているということになってしまいますね。

だからといって、教育機関が駄目と言っているのではなく、やり方をもっと変えていってほしいと思うのです。

教育方法の一例として、私の通う大学では、学期末に、受けた講義に対するフィードバックを学生から教師側に行うということが義務付けられています。これにより、教師が講義の中で問題があった点を把握し、以後の講義のやり方を改善出来るようになります。このやり方は、非常に優れた教育方法として、外部から高い評価を得ています。

そんなやり方を、もっと塾や家庭教師側が見習ってほしいと思うのです。何よりも、生徒を思いやって物事を教える人こそが、本物の教師だと思います。

20:52 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメント















非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。